一般的に高齢出産はリスクが高いはずです

今は30代で結婚なんて普通なので、出産時期も遅くなることも多いですよね。「若いうちは夫と二人で楽しみたい」と考える方もいらっしゃるようです。

ただ、高齢出産のリスクを考えると、若いうちに生んでおいたほうがよいのでは?と考えてしまいます。

一般的に高齢出産はリスクが高いはずです

Photo by bclinesmith

高齢出産する女性は増えている?

「日本産婦人科学会」が定義する高齢出産の定義は「35歳以上の初経産婦」とのこと。

今日現在、高齢出産の全体に占める確率は2割を超えたそうです。

私の場合、高齢出産のリスクについては親戚の女医が何度か説明してくれていました。

ですが、結婚後、なかなか妊娠できずに5年経過。結局は高齢出産になりました。

高齢出産は認知されている

以前、高齢出産は「マル高」と呼ばれていました。「スタンプを母子手帳に押される」という話も、母親や年上の同僚などから聞いたことがあります。

「高齢出産」は、テレビで芸能人が高齢出産したニュースなどが大きく報道されるせいで、言葉は良く聞きますが、その危険性について理解している人は少ないようです。

高齢出産の具体的なリスク

35歳を過ぎると、出産時の体力が持たないこともあり、経産婦にくらべ初妊婦は出産までに時間がかかります。

よって、胎児と妊婦の両方の障害や生命の危機を避けるために帝王切開が多く行われます。

特に胎児が逆子になっていたりすると、緊急帝王切開になり、異常分娩として母子手帳にも記載がされれます。(異常分娩という呼称もどうかと思いますが)

また、胎児がダウン症になる確率は母親の年齢とともに上がってしまい、特に40代以上では1割程度にも上るそうです。

また、妊娠中毒症などの危険もあるうえ、高齢出産でない人に比べて体重管理も厳しいです。

さらには、母体の老化もあり、障害や死産までひどくならないものの、低体重などの発育不良の赤ちゃんも多いと聞きます。

事前に受けた医師の説明を聞いたときは、不安で不安で仕方がありませんでしたが、幸い、私の場合は五体満足の元気な赤ちゃんを授かることができました。

できれば若いうちに

高齢出産であっても、私のように正常分娩で普通に出産して、母子ともに元気なケースはたくさんありますが、危険度が高まることは間違いありません。

もし私が若い頃にタイムスリップできるのであれば、20代の体力がある頃に子供をつくると思います。

医療保険は検討しましたか?

35歳以上で初産の場合は色々とリスクがつきものです。母子の安全を確保するために帝王切開になる場合も多いです。

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。

医療保険のプロに無料で相談する