産婦人科はどこでもいいの?

私の出産の場合、個人的には大きい病院で住んでいる市でも有名な周産期病院で産みたいと思っていました。しかし、夫の母(姑)が夫の妹が、その前の年に無事出産したという個人の産婦人科をものすごく推薦するので、気乗りがしないまま健診に行っていました。

産婦人科はどこでもいいの?

Photo by MDGovpics

結局は周産期病院へ緊急搬送

何とか無事に予定日になったものの、陣痛が微弱で破水が自宅で何度も起きていたらしい。自分では、座るとよく尿が出るなあと思いつつ、陣痛が強くなるまで待ってください!と病院に連絡して指示をもらってその通りにしていました。

ですが、耐えられなくなって受診したところ、緊急の帝王切開は対応していないといわれて、そのまま大きな周産期病院に陣痛の最中に救急搬送されました。

帝王切開で出産

転院して、無事に帝王切開で出産しました。

破水していたため感染しており、臍帯が首に巻いていて生まれてきたので、すぐに泣かずにとても心配しました。その後、NICUという新生児集中治療室に運ばれて無事良くなりました。

大きい病院では検査も精密で、肺の穴がまだ塞がれていない、心臓の穴が・・・など最初は心配しましたが、無事に自然によくなり退院できました。出産時の体重は3800gでしたが、問題があったんですね。

私の友人の話

親友は、私よりも6年ほどのちに出産しました。38歳ごろでした。ひどい妊娠中毒症になり、超未熟児で出産しました。

妊娠中から色々な不安要件が分かっていて、私と同じ周産期病院に別の総合病院の婦人科から紹介されたそうです。しかし、出産するという決意で産みました。

出産後、赤ちゃんは脳内出血が何か所もできて、重度の障害が残ってしまいました。また別の友達で、私よりも若かった26歳の友人は、助産院の水中出産を無事しました。とても勇気がいることです。若さで臨んだのでしょう。何事もなかったようです。

病院選びは大切

個人の産婦人科でも、家族ぐるみで宿泊して出産できるところもあります。食事がおいしいと病院を選ぶ人もいます。高齢出産の場合には、まず第一に安心安全が最優先のような気もします。

医療保険は検討しましたか?

35歳以上で初産の場合は色々とリスクがつきものです。母子の安全を確保するために帝王切開になる場合も多いです。

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。

医療保険のプロに無料で相談する