産める体をつくる

一般的に高齢出産はリスクが高いと言われますが、それでも個人差はあります。日頃から子供を生みやすい体をつくることも大切です。

Pr

Photo by Ed Yourdon

意識は教育からつくられる

女性は第二次成長期、今では小学校中、高学年あたりから初潮がはじまり、こどもを産むからだになるべく準備がはじまります。その時期に学校の保健体育の時間などに、女性の体についていろいろと学びます。

しかし、日本ではその時期をすぎると女性の体に関することの学びの場がほとんどなくなってしまいます。母親が気遣っていろいろな知識や生活の暮らし方を伝えていく家族もいるかと思いますが、なかなかそういう話はしづらいという家庭もあるのではないでしょうか。

時代がかわり男性女性の役割という考え方もかわってきて、女性は家庭を守りこどもを産み育てるという価値観も薄れてきます。赤ちゃんを産むために、女性は体を冷やしてはいけないとか、インスタント食品やお菓子ばかり食べていてはいけない・・・などと言うと、古くて説教じみてていやだと、若い人たちには煙たがられるでしょう。

なので、もう少し科学的な立場側からの働きかけがあると、若い人たちも耳をかたむけるのではないでしょうか?といっても若いうちはなかなか産婦人科に行く機会もなく、また敷居が高いでしょう。学校や職場の健康診断など、誰もが行きやすい場所で知識を広める重要性があるのではないでしょうか。

日本では若いうちは性や妊娠出産に関することはなかなかおおっぴらに話すことがしにくい雰囲気があるように思われます。

スローライフ?ナチュラリズム?

高度経済成長、バブル経済、その後の長い不況という社会の状況やここ数年の自然災害などの影響もあるのか、最近スローでナチュラルな生活に注目が集まっているようです。

食や健康に多くの人たちが関心を持つようになっているようです。そういうことに関する記事を扱った雑誌などもよくみかけるようになりました。情報の一環として、女性がこどもを産むことに関することや、産みやすい体になるというような情報をたくさんメディアで流してほしいと思います。

日々の生活が子供を生みやすい体をつくる

女性に限った事ではありませんが、毎日規則正しい生活をすることや、バランスよい食事をこころがける、睡眠をきちんととり、適度にからだを動かして運動するなど、健康な体を保つことを若い世代の人がよく目にできるように、電車の中づり広告にのせる、テレビのCMで流すなどして、日々心がけられるようになるといいと考えます。

子供を産み育てることは、女性だけではなく、男性の協力も大事です。世の中が一丸となって生きる幸せ、子孫を存続する幸せをもっと感じられる社会になることを切に願います。

医療保険は検討しましたか?

35歳以上で初産の場合は色々とリスクがつきものです。母子の安全を確保するために帝王切開になる場合も多いです。

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。

医療保険のプロに無料で相談する