出産する年齢を計画する

近代社会において、男女雇用機会均等法が施行され、社会で活躍する女性が増えました。日本社会が豊かになり女性も高学歴になったことによって、身につけた学力や技術を世の中のために生かしたいと考えて働き続ける女性が増えています。

進学し、就職し、一生懸命働いているうちにあっという間に月日はすぎ、結婚もしないまま30代に突入する女性も多いでしょう。そんな人生を送っているうちに出産という一大イベントはどうしても後回しになってしまうのは致し方ない世の中になってしまっています。

出産する年齢を計画する

Photo by SpokaneFocus

適齢期に出産を

人間という生き物として特に女性は繁殖期に限りがあります。結婚は16歳からしてよいことに法律で決まっているのは、やはり20代中に子供を産むということが生き物として適正な時期であるということからきているのだと思います。

ところが、現代の多くの女性のライフサイクルからみると20代中に妊娠出産という期間をとるのは難しくなってきています。就職し、生活が安定してきて結婚し、出産となるとどうしても30代、人によっては40代に突入してしまうでしょう。

すべてが計画できるわけではないが

出会いを探して結婚にいたることも計画することは難しいですし、ましてや妊娠する確率などからも出産する年齢を計画するのはとても難しいことかとも思われていました。

しかし、ライフサイクルが大きく変化したとともに、今は情報の収集法や伝達法もめざましく発達しました。インターネットで検索すれば、結婚相談所の情報もすぐに手にいれられますし、出会いをさがすサイトなどもたくさんあります。

そんなことからみても、今の時代は本気になれば、なんでもできる時代と言っても過言ではないのでしょうか。

国の支援も必要では

日本は少子高齢化が著しく進んでいます。将来に不安を感じて産まないという選択を選ばざるを得ない人たちもたくさんいます。そうならないようにするためには国をあげて、こどもを産んで育てやすい世の中にしていく政策が必要なのではないでしょうか。

35歳を過ぎると女性の卵子は急速に老化していくという説もあります。そうなる前の20代後半から30代の女性に、産んでもいいかも?と思ってもらえるような、いろいろな支援対策をすべきなのではないでしょうか。

妊娠出産にかかる費用を無料化する、職場での妊娠出産育児休暇の拡大、有給化など、より細かい部分での金銭的、精神的な支えを国がより充実させることによって、女性たちが人生をより有意義に計画的に生きてくことができるのではないかと思われます。

医療保険は検討しましたか?

35歳以上で初産の場合は色々とリスクがつきものです。母子の安全を確保するために帝王切開になる場合も多いです。

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。

医療保険のプロに無料で相談する