高齢出産で職場に復帰するためには

一昔前では、結婚退職が寿退職と言われていました。結婚すれば、出産もあり、女性は仕事は辞めるものという雰囲気や定説があり、結婚で退職する人が一般企業では多かったのではないでしょうか。

今でもそういった職場が多くあるのではないかと思います。しかし、一流企業の奥さまではない限り、専業主婦は少なくなってきているのです。男女ともに未婚率は上昇しています。当然結婚年齢も上がってきています。

高齢出産で職場に復帰するためには

Photo by deargdoom57

働く女性だって子供は欲しい

子供はいらないという夫婦もいるでしょうが、逆に、子供を望む夫婦も多く、結婚年齢の上昇とともに初産の年齢も上昇しています。女性の場合、大学を卒業して、数年働いて、結婚すれば、初婚年齢も30近くになります。大学でなくても、専門学校を出て専門の資格を取り、仕事に専念すれば、気が付けば初婚年齢も上がります。就職難が続いた結果、仕事を続けたいと思う女性も多いと思います。男性でも、結婚相手に、仕事をしている女性を望む人の方が、増えています。

男性で所得があまり高くないは当然のことでしょう。所得が高い人は、同じ職業の人と結婚するという人も経済的な豊かさを求めて多い傾向にあります。

産休は取りやすいのか

女性が、妊娠して産前産後の産休を取ることは、労働する上での法律で定められていますが、現実には、職場の就業規則が優先されています。

就業規則にはあるものの、通例として、認めていないというか、実績がないという職場も多いと思います。

その点、公務員では、率先するべき立場にあり、産休、育児休暇が充実しています。広島市長が、育児休暇を取ったことも記憶に新しいことです。

大企業でも、子育てに優しい企業という企業イメージを上げるために、充実した職場環境のところもあります。前例がない場合、前例を誰かが作ってくれたなら、後に続く人は、取りやすくなります。

職場復帰を望むなら

専門的資格を持つ人の場合は、職場に戻りやすいでしょう。まず、職場復帰の前提として、職場で必要な人という、ある程度実績を積んでいることが必要です。

職場の理解を得るためには、上司の考え方もありますが、「私のころは違った。」となりやすいのですが、少子高齢化社会で、子育てをしながら仕事もするという自立した女性の立場を理解してもらう必要があります。

女性が働きやすい職場という評判が企業イメージのプラスになるということを職場が理解することは大切なことです。

せっかく育てた人材が、1人前になった頃に退職するということは、会社にとっても損失にもなります。産後仕事をしたいと思う人は、それなりの努力と仕事意識の高い人材であるということを周囲も理解して、フォローし合うことが大切です。

医療保険は検討しましたか?

35歳以上で初産の場合は色々とリスクがつきものです。母子の安全を確保するために帝王切開になる場合も多いです。

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。

医療保険のプロに無料で相談する