高齢出産で考えられるリスク

高齢出産はリスクが高いと言われますが、実際にどのようなリスクがあるのでしょうか?

高齢出産で考えられるリスク

Photo by "God By Nature, Mind Raised in Asia"

高齢出産は何歳から?

高齢出産は、何歳から高齢出産というのでしょう。

一般的に35歳あたりから高齢出産に入ります。最近では、晩婚化が進んで、30歳以上の独身やはたまた40歳以上の独身の人も女性にも大変多いです。

仕事をしっかりしていたのに突然、婚活をはじめて子供も欲しいと願うようになったりすることもあるでしょう。

結婚の適齢期は「結婚しよう思った時が適齢期」でいいような気がしますが、出産のことを考えると事情がかなり変わってきます。(男性の場合は、少々高齢でもあまり問題にはされませんが。)

そもそも、出産に適した体の状態は時間が限られています。30歳まで頃が良いですが、30歳の時に初産だった私は、子宮口が、堅くてなかなか開かずに、難産で苦労しました。

高齢出産は母体の方も妊娠中毒症になったり、タンパクが下りたり、高血圧になったりとリスクが高まります。

たまに女優さんが「40過ぎての初産で無事出産した!」という人を聞きますが、肉体的に鍛えられた人で体調の管理も万全としていてのことでしょう。もちろん、出産した病院も大きい病院のはずです。

ダウン症児の出産の確立

高齢出産のもう一つのリスクとしては、ダウン症児の出産の確立が高くなるということがよく言われていることです。

緊急搬送されることも

他にも、緊急に帝王切開となった場合に他の病院に緊急搬送されることがあります。

個人の産婦人科は普通の出産は対応できても、手術となると対応できないケースがあります。救急搬送を要請後、陣痛をいったん止めるような点滴の処置をしてから、周産期病院や大学病院に転院することもあります。

私も実際そうでした。陣痛がきたものの、微弱で待った挙句に陣痛促進剤をうち、激しい陣痛が急激にきました。

赤ちゃんの方の心拍数が下がってきて、帝王切開が必要との判断で救急車に乗せられました。

足を上に吊るような不自然な格好での転院。周産期病院に到着後、再び陣痛促進剤を投与して普通分娩を待ちました。

ところが、再び赤ちゃんの心拍数が下がりはじめたのです。

いろいろ検査をした結果、臍帯が赤ちゃんの首に巻きついているということが分かり、結局帝王切開になりました。

高齢出産は危険がつきものなのです。

医療保険は検討しましたか?

35歳以上で初産の場合は色々とリスクがつきものです。母子の安全を確保するために帝王切開になる場合も多いです。

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。

医療保険のプロに無料で相談する